イヴァロ・テストコース(別名「白い地獄」)

世界で最も北に本拠地を構えるタイヤメーカーであるノキアンタイヤのテストセンター、通称「白い地獄」は北極圏の町イヴァロにあります。圧雪、アイスバーン、シャーベット状の路面等、あらゆる条件下でのテストを行っています。最も厳しい要求がされる状況下ですら安全なタイヤは、世界中のどこであってもその性能を遺憾なく発揮できることでしょう。

動画を見る

意外なことに、ノキアン社の冬タイヤの試験は、世界各国で行われています。ですが、中核となる試験は、本拠地イヴァロのテストコースで行われます。イヴァロテストコース、別名「白い地獄」は、極限状況を作り出すべく、1980年代中盤に作られました。700ヘクタールを誇る敷地は、冬タイヤ用テストコースとして世界最大規模となります。

冬タイヤの先駆者であり続けるため、ノキアン社は研究費用の50%以上を試験に費やしています。

タイヤの特性は、コンピューターのみでは測りきれないため、熟練のドライバーの運転による試験も重要となります。

凍える様な気候の中、深夜まで続くテストは6か月にもおよび行われます。

「白い地獄」は、11月から5月にかけて忙しくなります。この期間、200日以上もの間、凍える様な気候の中、20,000本以上ものタイヤがテストされます。テストは時に深夜にまで及ぶこともあります。

Ivalo Testing Center “White Hell” Ivalo Testing Center “White Hell”


テストセンター内には、46種類にもわたるテストコースに加え、気候の変化に左右されない、700mのアイストンネルがあります。

Ivalo Testing Center “White Hell”

イヴァロ・テストセンター

  • ノキアンタイヤの「白い地獄」は、世界最大規模の冬タイヤ用のテストセンターです。
  • その広さは、サッカー場にすると1,130個分、野球場にするとほぼ700個分に相当します。
  • ・コース数は、46種類にも及びます。
  • ・年間200日以上稼働しています。
  • ・シーズン中は、毎年20,000本に及ぶタイヤが試験されています。
  • ・700mにも及ぶ長さを誇るアイストンネルで、毎回同一条件で氷上試験を行うことが可能です。