歴史

ノキアンタイヤは、1988年に設立され、1995年ヘルシンキ証券取引所に上場しました。会社の起源はSuomen Gummitehdas Oy,or Finnish Rubber Factoryが設立された1898. 年にまで遡ります

1898年

The Finnish Rubber Works 設立

1934年

世界初の冬用タイヤであるThe Weather tyre発表

1995年

ノキアンタイヤ社がヘルシンキ証券取引所に株式上場

2005年

ロシアのVsevolozhskにて、製品生産を行うノキアン第二工場が稼働開始

2015年

冬用タイヤとして世界初となるEUタイヤラベリングにおけるウェットグリップ及び省燃費性で最高となるAを獲得。

2017年

新世代のスパイクタイヤ。ハッカペリッタ9、ハッカペリッタ9SUV発表

 

ハッカペリッタ80周年記念

雪にまつわる物語と、氷上のチャンピオン

北で生まれ育ち、鍛えられてきたノキアンタイヤ。80年以上に渡り、冬道の走行でドライバーを助けてきました。極限状態を制するノキアンタイヤのストーリーは、何百万kmにも渡るテスト走行と、何百ものテストにおける成功、そしていくつもの世界記録により作られています。そのミッションはいまだ変わらず。より安全・そして安心なドライブを。

世界初のウィンタータイヤ

世界初の冬用タイヤ、ハッカペリッタの前身となるKelirengas(ウェザータイヤ)はSuomen Gummitehdas Osakeyhtiö時代に誕生しました。この会社は後に、Nokian Tyresと名を変え、1934年に市場の知るところとなります。この1934年という80年以上前に、世界初のウィンタータイヤが産み出されました。

 

年表

1846年 R.W THOMSONが空気式タイヤを開発する。
1886年 燃焼式エンジンを用いた初めての車が開発
1898年  The Finnish Rubber Worksが創立
1904年  ノキアの街に工場が設立
1925年  自転車用タイヤの製造が開始

1932年 

1932年  自動車用タイヤの製造が開始
1934年  トラック用の世界初の冬用タイヤ
1936年 雪上の覇者 The Snow Hakkapeliita  伝説のHakkapeliittaの発表
1945年 ノキアに新たなタイヤ工場が創設
1959年 Suomen GummitehdasからSuomen Kumitehdas Oyに
1959年 スウェーデンにマーケティング会社,Finska Gummi ABが創設。後の ノキアンNokian Däck AB
1967年 ゴム、ケーブル、紙部門のNokia Corporationの創設
1968年 タイヤ工場の拡張
1974年 Lieksaで自転車用タイヤ、インナーチューブの製造が開始
1978年 ノルウェーにマーケティング会社Norsk Traktorkompani A/S 後の Nokian Dekk ASが創設
1980年 カナダに、C231後のNokian Tyres North America Ltd.,USAとなるマーケティングカンパニー Nokia Products Ltd.,Canadaが創設。
1981年 タイヤ工場の拡張
1982年 後のNokian Reifen GmbHとなる Nokia GmbHがドイツに創設
1986年 北極の北方のラップランドのイヴァロにおいて世界で最も北方にあるテストセンターが開設
1988年 合弁会社として、Nokian Tyres Limitedが設立
1989年 スイスに、マーケティング会社Nokian Reifen AG,Switzerlandが誕生
1995年 ヘルシンキ証券取引所にNokian Tyres plcが株式上場
1996年~2001年 タイヤ工場の拡張
1998年 スウェーデン及びラトビアに最初の自社リテールセールス部門、Marketing company 000 Nokian Shina in Russiaの設立
1999-2000年 フィンランド、エストニア間にタイヤチェーンの拡大

2000年

2002年 ノキアに新たな物流センターを設立
2003年 ノキアのノキアンタイヤの所有権が終了。BridgeStone Europe NV/SAが筆頭株主となる
2005年 ノキアンタイヤの第二工場が、ロシアのVsevolozhskにて操業開始
2005年 Naturally Nokian Tyreの設立。 生産時に、精製、低芳香性オイルのみを用いた世界初のタイヤメーカーの設立
2006年 ウクライナにマーケティング会社 Nokian Shina TOV, チェコ共和国にマーケティング会社 Nokian Tyres s.r.o.が設立
2006年 ハイドロプレーニングインジケータの開発 ドライビングセーフティインジケーターに加え、ハイドロプレーニングインジケーターが夏用Hakkaシリーズに搭載
2006年 林用タイヤとして、Nokian Forest Riderが開発。林業用機械向けの初めてのラジアルタイヤが開発
2007年 カザフスタンにマーケティング会社 TOO Nokian Tyresが誕生
2007年 重機器を扱う用のハッカペリッタ Truck Eの開発
2008年 冬用タイヤにおける転がり抵抗の低いNokian Hakkapeliitta Rの誕生
2009年 スパイクタイヤのハッカペリッタ7及びエアクロー技術がテストで受賞

2010年

2010年 Marketing company in Belarus, Nokian Shina LLC
2011年 中国で、マーケティング会社 Nokian Tyres Trading(Shanghai) Co.Ltdが創設
2012年 ロシアのVsevolozhskに新工場の設立
2012年 Vianor取扱い店舗網がセルビア、フランス、ボスニアヘルツォゴビナに拡大
2013年 ハッカペリッタ8が、世界新となる氷上における時速335.713kmという最速記録を打ち立てる。
2013年 新世代となる新ハッカペリッタの誕生。スパイクタイヤであるノキアンハッカペリッタ8、スタッドレスタイヤのノキアンハッカペリッタR2が誕生

2014年

2014年 ハッカペリッタシリーズの拡大。スパイクタイヤのノキアンハッカペリッタ8 SUV、 ハッカペリッタ C3、バン用のノキアンハッカペリッタ CR3のリリース
2014年 世界初の出現式スタッドを採用した冬用タイヤの発表。ノキアンハッカペリッタコンセプトタイヤ。
2014年 電気自動車用に新たにハッカペリッタR2がリリース。ノキアンハッカペリッタコンセプトタイヤの誕生。

2015年

2015年 Nokian WR winter tyreシリーズの刷新。The Nokian WR D4冬用タイヤの湿面グリップ試験において、世界初となるEU tyre レーベルにおける最高となるクラスAの獲得。
2015年 Nokian Weatherproofの発表。Nokian All-Weather conceptにより、1年を通じた安全かつ快適な運転を保証します。
2015年 EUタイヤラベリングにおいて、冬用タイヤ史上初のウェットグリップ及び燃費性能に関して、最高評価となるクラスAを獲得する、リニューアルしたNokian WR SUV 3の誕生

2016年

2016年 ノキアンハッカペリッタR2の誕生。世界で最も省燃費の冬用タイヤとして、2016年にThe Tire Technology of the Yearを受賞
2016年 ハッカペリッタ生誕80周年
2016年 アラミドサイドウォールが採用されたサマータイヤを装着した車両で、片輪走行世界最速記録(186.269 km/h)樹立
2017年 スペインのサンタ・クルス・デ・ラ・サルサに新しい夏・冬用テストコースをオープン。
2017年 新世代のスパイクタイヤ。ハッカペリッタ9、ハッカペリッタ9SUV発表