ノキアンタイヤとは

ノキアンタイヤは、世界で最も北に本拠地を構えるタイヤメーカーです。過酷な状況においても安全な走行が出来るタイヤを開発・生産することで社会に貢献しております。降雪地域、森林地域等、様々な状況下で走行されるユーザーのために、乗用車用・トラック用・建機用等のタイヤをラインアップしております。

2016年の純売上高は、14億ユーロ(日本円で、1,800億円程度)。従業員4,400人程度。ナスダックヘルシンキ証券取引所において株式上場しております。

ビジネスユニット

降雪地域、森林地域、多岐に渡る困難なコンディションで走行されるユーザーの皆様に、乗用車、トラック、重機用の革新的なタイヤを取り揃えております。ノキアンタイヤグループでは、Vianorという卸売と小売りを行うショップのチェーン展開を行っております。

  • 乗用車用タイヤ
  • 重機用タイヤ
  • Vianor

2016年マーケット別販売比率

製品

カギとなる製品は、フィンランドのNokia、ロシアのVsevolozhskの自社工場にて生産を行っております。

北欧のタイヤメーカーとしてのノキアンタイヤ

ノキアンタイヤは、1988年に設立されましたが、会社の起源はSuomen Gummitehdas Oy,or Finnish Rubber Factoryが設立された1898年にまで遡ります。

ノキアン社の歴史

1898年

The Finnish Rubber Works 設立

1934年

世界初の冬用タイヤであるThe Weather tyre発表

1995年

ノキアンタイヤ社がヘルシンキ証券取引所に株式上場

2005年

ロシアのVsevolozhskにて、製品生産を行うノキアン第二工場が稼働開始

2015年

冬用タイヤとして世界初となるEUタイヤラベリングにおけるウェットグリップ及び省燃費性で最高となるAを獲得。

2017年

新世代のスパイクタイヤ。ハッカペリッタ9、ハッカペリッタ9SUV発表