FacebookInstagramLinkedInmenu-iconPinicon-playscroll-downsearchTwitterWhatsappYouTube

イヴァロ・テストコース(別名「白い地獄」)

世界で最も北に本拠地を構えるタイヤメーカーであるノキアンタイヤのテストセンター、通称「白い地獄」は北極圏の町イヴァロにあります。圧雪、アイスバーン、シャーベット状の路面等、あらゆる条件下でのテストを行っています。最も厳しい要求がされる状況下ですら安全なタイヤは、世界中のどこであってもその性能を遺憾なく発揮できることでしょう。

動画を見る

意外なことに、ノキアン社の冬タイヤの試験は、世界各国で行われています。ですが、中核となる試験は、本拠地イヴァロのテストコースで行われます。イヴァロテストコース、別名「白い地獄」は、極限状況を作り出すべく、1980年代中盤に作られました。700ヘクタールを誇る敷地は、冬タイヤ用テストコースとして世界最大規模となります。

冬タイヤの先駆者であり続けるため、ノキアン社は研究費用の50%以上を試験に費やしています。

タイヤの特性は、コンピューターのみでは測りきれないため、熟練のドライバーの運転による試験も重要となります。

"正真正銘の氷雪上の試験は開発研究において重要な役割を占めております。タイヤの特性は、コンピュータによる試験だけでは判断することはできません。"
— Matti Suuripää,ノキアンタイヤ テストセンターのマネージャー

新しいタイヤを開発するのに、2年から4年というを長期間に及びます。まず第一関門として、タイヤの持てる最高性能を発揮しているか、冬特有のコンディションのために製造するためだけの、更なる努力

北方の氷で覆われた地域もしくは、中央ヨーロッパの冬の気候で使用されるのか冬タイヤの特性は左右される。

妥協のない試験とグリップの限界に挑んでいるのは、冬タイヤをより良く、信頼性の伴うものとして製造しようという目的があります。タイヤの安全性を保証することで、ドライバーは冬道においても落ち着いた気持ちで運転することが出来ます。Ivaloのような最も厳しい要求をされるような状況でテストを行うことで、世界中のどこでも性能を如何なく発揮してくれるでしょうと,Suuripää氏は付け加える。

"妥協なき試験とグリップの限界に挑んでいるのは、冬タイヤをより良く、信頼性の伴うものを製造しようという目的があります。タイヤの安全性を保証することで、ドライバーは冬道においても落ち着いた気持ちで運転することが出来ます。"
— Matti Suuripää,ノキアンタイヤ テストセンターのマネージャー

凍える様な気候の中、深夜まで続くテストは6か月にもおよび行われます。

「白い地獄」は、11月から5月にかけて忙しくなります。この期間、200日以上もの間、凍える様な気候の中、20,000本以上ものタイヤがテストされます。テストは時に深夜にまで及ぶこともあります。

Ivalo Testing Center “White Hell”


実際のところ、必要に応じて、テストコースは常に同じ雪の厚みを確保し、雪をザラザラにすることも何もない状態にすることも可能です。と、Suuripääは説明する。

White Hellは、いつも白いわけではない。なぜなら、冬の中期においては、夜の暗闇が開発業務に待ったをかけるからである。そして、春が訪れると、肌寒い夜と、暖かい日中となり、環境に変化がもたらされます。例として、ある日、40℃にも及ぶ気温がテストトラックで記録されたこともありました。

早春の日光により、別の苦難が生まれます。最も厳しいのは、日中の気温が上昇することにより、テストを実施することが不可能になることもあります。そのため、日が昇るまでの夜にテストを実施するために待機しなくてはならないこともあります。

Ivalo Testing Center “White Hell”


テストセンター内には、46種類にもわたるテストコースに加え、気候の変化に左右されない、700mのアイストンネルがあります。

Ivalo Testing Center “White Hell”


最新の技術でも、人の感覚に取って変わることは出来ません。

多岐に渡る試験で、冬の極限状況においての運転シミュレーションをすることが不可欠です。White Hellは、異なった20以上ものテストコースを擁しております。急斜面における加速、ブレーキング、旋回、氷雪路、雪解けの道など異なった各々の路面で、最先端の技術をフル活用し、テストを行っております。

考え得る最も優れた試験設備を確保するために、絶えず先を見据えて開発を行っております。例えば、リアルタイムの気温解析システムや相対的な湿度調整システムにより、より容易に迅速に業務を遂行することが出来ると、ノキアンタイヤテストマネージャーのPetri Peltoniemi氏は述べる。

ノキアンタイヤは、Laplandにおける発展的なテストにより、極限状態の中世界を牽引するエキスパートと見なされています。熟練ドライバーの存在によるところも大きいが、実車試験において、技術もまた最大限生かされている。全自動の車は、正確な反復作業を要する際には極めて有用です。一方でテストドライバーと比較すると、補助的な役割であると言えます。

機械や設備に、生身の人間や人間の経験が取って代わられることはありません。優れた商品評価ドライバーになるためには歳月が必要です。さらに、彼らは、最も有益な情報をもたらします。すべての試験結果は、自社の商品評価ドライバーの評価を通過しています。

もっと読む
専門用語及び最新の技術情報に関するノウハウ

イヴァロ・テストセンター

  • ノキアンタイヤの「白い地獄」は、世界最大規模の冬タイヤ用のテストセンターです。
  • その広さは、サッカー場にすると1,130個分、野球場にするとほぼ700個分に相当します。
  • ・コース数は、46種類にも及びます。
  • ・年間200日以上稼働しています。
  • ・シーズン中は、毎年20,000本に及ぶタイヤが試験されています。
  • ・700mにも及ぶ長さを誇るアイストンネルで、毎回同一条件で氷上試験を行うことが可能です。