FacebookInstagrammenu-iconicon-playscroll-downsearchTwitterYouTube

極限状況における試験

より良い商品を生み出して行ける様、ノキアンタイヤは研究開発に予算と労力を惜しみなく注いでいます。「より安全なタイヤ」を作るために、徹底的に冬の特性を研究し、製品開発を行っています。

ドライバーによる実際の運転による試験の他にも、開発センター内研究所に接地された膨大な数のコンピューターを駆使しての試験等屋内での試験も執り行っております。

"厳しい試験をクリアした商品のみをお客様にお出しすることで、プレミアムブランドとしての地位を確かなものにしています"
— と、ノキアン社テクニカル・カスタマーサービス・マネージャーのマッティ・モッリは語ります。

北極圏のイヴァロの700ヘクタールを超える規模のテストコースでは、製品開発、および評価ドライバーによるテストが行われています。

最新の設備内では、ベテランスタッフの指揮により多様なテストが行われています。タイヤのグリップの、限界を超えたところに挑戦し続けることが、さらなる安全性を追求するための開発のカギとなります。