FacebookInstagrammenu-iconicon-playscroll-downsearchTwitterYouTube
火 2月 19 10:00 午前 2019 カテゴリー プロダクトニュース, カンパニーニュース

ノキアンタイヤが、快適性・安全性に優れたサマータイヤを発売開始。

キアンタイヤが日本市場に向け、ハッカ・サマータイヤシリーズの発売を開始します。

ノキアンタイヤが、快適性・安全性に優れたサマータイヤを発売開始。

ノキアンのハッカサマータイヤは、ドライ・ウェット路面においてバランスの取れたパフォーマンスを発揮、耐摩耗性にも優れ、春から秋の終わりにかけて安全かつ快適なドライビングを実現します。こちらの商品は2019年の4月より日本市場で入手可能になっていきます。

世界最北のタイヤメーカーであるノキアンタイヤは、冬の非常に厳しい条件下でも安定したグリップを発揮するウィンタータイヤ、ハッカペリッタシリーズを日本市場でも展開しておりました。

サマータイヤに求められる特徴はウィンタータイヤと変わるとは言え、ノキアンタイヤの製品の開発理念の根本にあるものは変わりません。世界一安全なタイヤで、安心なドライブを提供する、これがノキアン社のモットーです。

「厳しい条件下のエキスパートであることがノキアン社の強み。ノキアンのハッカペリッタシリーズは数十年間にわたり、安全なウィンタードライブを提供してきましたが、サマータイヤにおいても、日本のユーザーに向け良い商品を提供することで、タイヤ販売に携わる皆様をサポート出来るようになることを非常に喜ばしく感じています。」と、プロダクト&テクノロジー部門のシニアバイスプレジデントのJukka Kasiは語ります。

タイヤは路面に予期せぬことが起こった時や難しい条件下において、その性能が試されます。耐久性・安全性に優れたノキアン・ハッカサマータイヤは、夏のあらゆる天候、そして路面状況において信頼して運転できる様開発されています。

「ノキアン・ハッカサマータイヤは、すでに北欧の変化にとんだ機構、条件下において、高い性能が実証されており、日本のユーザーの皆様も快適なドライブ感覚、運転のしやすさ、そして安全性をお楽しみ頂けるはずだと強く信じています。」とJukka Kasiは語ります。

ノキアンのハッカシリーズのラインアップは、都市向けのコンパクトカーや、屈強な4X4、環境性に優れたハイブリッドカーと、あらゆる需要に対応しています。

ノキアン・ハッカ・ブラック2は高速域での走行に優れ、ウェット性能に優れたノキアン・ハッカ・ブルー2は中型車、そして環境にやさしいノキアン・ハッカ・グリーン2は、ファミリーユースの車両に最適です。加えて、大型SUVやクロスオーバー車両向けの、ノキアン・ハッカ・ブラック2SUVとノキアン・ハッカ・ブルー2SUVもラインナップに加わります。サイズラインアップは14インチから21インチまでカバーし、スピードレンジはT(190km/h)からY(300㎞/h)となります。

厳格な開発プロセス、そして世界チャンピオンによるテストドライビング

世界最先端とも言えるノキアン・ハッカサマータイヤのパフォーマンスは、数年間に渡る厳格な開発プロセスそして試験の賜物といえます。とりわけ、安全性、そしてコントロール性に優れたハンドリング、に注力しました。ハッカタイヤはロジカルかつバランスに優れた挙動をし、高い速度域や突然の大雨に遭遇した際でさえも、心配なく快適に運転できるのが特徴です。

2回にわたりF1世界チャンピオンとなった、ミカハッキネンが、その知識・経験を持って、ノキアン・ハッカ・ブラック2の試験、そして開発に協力し、特に極限状況での予測しやすく安定した挙動を褒めたたえています。

自信を持って走れるタイヤを使用することで、安全性も高まるのです、とハッキネンは語ります。

「私が、このタイヤの一番の特徴だと感じるのは、ドライバーの意図した通りの挙動をすることです。ノキアン・ハッカ・ブラック2は高い速度域でも安定しており、ドライでもウェットでも、ステアリングのレスポンスが非常に良いのが特徴です。グリップの限界地点であっても100%信頼できるタイヤなので、コントロール性と路面のフィーリングをよく伝える、高い品質とパフォーマンスを持つタイヤを求める日本のユーザーに自信を持って進めることが出来ます。」と続けます。

「私が、このタイヤの一番の特徴だと感じるのは、ドライバーの意図した通りの挙動をすることです。ノキアン・ハッカ・ブラック2は高い速度域でも安定しており、ステアリングのレスポンスが非常に良いのが特徴です。グリップの限界地点であっても100%信頼できるタイヤです。」とハッキネンは語ります。

次世代のラバーコンパウンドと、トレッドデザイン、そして構造により、ノキアン・ハッカシリーズの耐摩耗性は向上し、転がり抵抗と騒音も軽減し、よりタイヤが回転しやすくなることにより低燃費性能も向上しています。最もサステナブルなタイヤメーカーの一つとして、ノキアン社は特に転がり抵抗を軽減することにより、環境に優しいタイヤを開発し続けております。

安全性・そしてより長い使用期間のためのイノベーション

ノキアン・ハッカサマータイヤは安全なドライビングやタイヤの使用状況のモニタリングを簡単にするためのイノベーションをいくつか採用しています。その内の一つが、ドライビングセーフティーインジケーターで、これを確認することでタイヤの残溝量が簡単にわかります。一方、アクアプレーニングインジケーターは、アクアプレーニングの危険性が高くなってきた際に、警告する役割を持ちます。タイヤの残溝量が4㎜いかになると、水滴のマークが消え、タイヤの替え時を教えてくれます。

頑丈なハッカ・ブラック2SUVとハッカ・ブルー2SUVは、防弾チョッキなどに使われる、強靭なアラミドファイバーをサイドウォールに入れたタイヤで、この特許を取得したユニークなアラミドテクノロジーはタイヤの最も弱い箇所といわれるサイドウォールの外部からの衝撃への耐久性を上げ、パンクのリスクを軽減します。

Download product photos and videos:
www.nokiantyres.com/nokian-hakka-summer-tires-japan

お問合せ先

株式会社阿部商会 
東京都神田美土代町3-2 
販売促進部商品課 泉 健二 
03-3233-2671 
info.nokiantyres@abeshokai.co.jp

Nokian Tyres plc, 
Pekka Oey, Export Manager, Japan & Far East, 
tel. +358 10 4017 331 
pekka.oey@nokiantyres.com

Nokian Tyres – the world’s northernmost tire manufacturer 

ノキアンタイヤは世界最北のタイヤメーカーであり、業界で最もサステナブルな企業の一つです。ノキアンタイヤは、高品質、安全、環境保全性に優れたタイヤを開発することにより、乗用車、トラック、重機等、ありとあらゆる車両に安全で安心なドライビングを提供しています。ノキアンタイヤは、特に革新的なウィンタータイヤで知られています。ノキアンタイヤのグループは、車両メンテナンスおよびタイヤサービスに特化した小売りチェーン、ヴィアノールを有しております。2018年には、会社の売り上げ高は16億ユーロ(約2,000億円)に達し、従業員数は4,800人に及びます。ノキアンタイヤはナスダックヘルシンキに上場しています。