電気自動車においてもノキアンタイヤは氷上最速です。

252.09km/hという世界新記録。

フィンランドのInariにあるUkonjärviの凍った湖において、ノキアン社のJanne Laitinen氏の運転するE-RA電気自動車が252.09km/hに達しました。3月17日に世界で最も北方のタイヤメーカーとヘルシンキ・メトロポリア応用科学大学の先端技術であるE-RA車両の技術が合わさって記録が産まれました。

"新しい実験と、最先端の開発において常に進化し続けるために、この記録樹立の成功と、E-RAプロジェクトの協力は大変実り多いものでした。"
— ノキアンタイヤのテクニカルカスタマーサービス担当マネージャーのMatti Morri氏は述べます。

凍えるような気候の中、総出力280-kwの電気モーターを擁するこの妥協無きスポーツカーのトップスピードは260km/h以上にも達しました。一般の製品であるハッカペリッタ7スパイクタイヤ(225/40R18)により、超高速域にて擁される素晴らしいグリップと安定したハンドリングを確かなものとします。

厳しい環境の中でテストを行うことは、我々の冬タイヤの開発において非常に重要なことです。新しい実験と、最先端の開発において常に進化し続けるために、この記録樹立の成功と、E-RAプロジェクトの協力は大変実り多いものでした。安全性という性質と、気自動車へ大きい影響を及ぼす低い転がり抵抗を最適化することを含む偉大な挑戦をし続けるタイヤ開発者にとって、これは非常に偉大なインスピレーションとなります。Matti Morriはそう語ります。

このテストは、6㎞のコースで、ギネスワールドレコード機構の定めるルールにのっとって行われた。だが、この様な記録には前例がないため、ギネスワールドレコードはこのテストに参加しておらず、これは公式な記録とはなっていない。