FacebookInstagrammenu-iconicon-playscroll-downsearchTwitterYouTube

テストドライバーの忠誠心

ICEMANと謳われるJanne Laitinen

ノキアン社は、テストドライバーの感に関して多くを語る。テストドライバーは、最先端の検査機器やコンピュータですら発見し得ない情報を伝えることができます。テストドライバー、Janne Laitinenは世界最良の冬タイヤの裏の秘訣を知っています。彼は、タイヤ製品開発においてかけがえのない役割を担っております。

Janneは、氷上最速記録(335.713㎞/h)と、電気自動車での氷上最速記録(252.09 km/h)を達成していますが、彼の日常業務は、最速が求めるものとはおよそ程遠い業務です。彼が必要とされるのは、過酷な環境の中で何千もの反復試験や、タイヤ交換、そして正確な分析を何千回と繰り返す作業になります。

タイヤ試験を行っている間、我々はそのタイヤの評価を記入するが、それと同時に多くの議論を重ねると、Laitinenは言います。彼は口数が少ないことで知られているが、彼が話そうとすると、皆がそれに耳を傾けます。

どうして彼の言葉を耳を傾けずにいられるでしょうか。テストドライバーからの評価は、新しいタイヤが生まれる際に、多大なる影響を与えます。北方の厳しい状況下では、例えば、氷と雪を別のものとして区別して考える必要があるのです。

タイヤの製品開発は決して止まることはありません。タイヤの冬季のグリップが進化し続ける一方で、ウェット路面のグリップとハンドリングも絶えず進化し続けているのです。

常に前進し続ける

Laitinenは、ほとんどの大陸でタイヤをテストしてきております。彼の生涯は、自動車とタイヤ中心に回っており、もしもっと時間があったら、さらに時と労力をかけたことでしょう。より早く走れることに、彼は人生を捧げています。

私は、前進し続ける必要があります。業務時間外に、自動車に関する趣味のことを尋ねられた際淡々とした様子で言いました。

私は、友人グループと共に参戦している耐久レースに夢中になっています。モータースポーツでは、常に何か興味深いことが起こっていますが、しかし、私の時間は非常に限られています。

Ouluの街の近くのボスニア湾において、彼はある記録への挑戦を試みました。厳しい自然環境が技術を圧倒しそうになりました。しかし、熟練かつ、覚悟を決めたLaitinenは、結果を出しました。それが、氷上における335.713kmという世界新となる最速記録なのです。

全てが、型通りというわけではありません。

3つの世界記録の保持者である彼は、車と世界最高のウィンタータイヤについて、長く、説得力あふれる話をしてくれました。最新の氷上最速記録の記憶は、まだ彼の中で新しいままです。しかし、Janneは新しい記録を作った後でさえも、冷静さを保てる経験豊富なプロフェッショナルです。300㎞/h以上のスピードを出した後でも、彼はまるでちょっと角の店までドライブしてきたかの様な様子なのです。

それでも、記録を樹立するということは、普段のルーティンとは異なります。もちろん、それはとても誇らしいことなのです。