氷上最速記録、335.713km/h!

冬タイヤの開発業者として、氷上における世界最速新記録を達成しました。運転するのは試験評価ドライバーであるJanne Laitinen氏で、時速335.713kmを凍えるような寒さの冬の天候の中ボスニア湾にて記録しました。グリップ及び速度は、未だかつてなく、世界の先陣を切る記録と言えます。

ビデオを見る

同じ場所で、従来品も新製品である

同じ場所で、従来品も新製品であるノキアンハッカペリッタ8は産み出されました

世界の数多くの世界記録を保持している別名アイスマンと呼ばれるJanne Laitinenによって、アウディRS6が使用されました。ノキアンタイヤを用いた速度試験は、時速340kmにも迫ります。世界記録は、3/9にOuluという街の近くに、12kmにも及ぶコースが作り出されました。

もっと読む

テストドライバーの忠誠心

ICEMANと謳われるJanne Laitinen

ノキアン社は、テストドライバーの感に関して多くを語る。テストドライバーは、最先端の検査機器やコンピュータですら発見し得ない情報を伝えることができます。テストドライバー、Janne Laitinenは世界最良の冬タイヤの裏の秘訣を知っています。彼は、タイヤ製品開発においてかけがえのない役割を担っております。

もっと読む

ハッカペリッタ8の自然との死闘

極寒の北の地の環境の中、ボスニア湾の氷上で、ハッカペリッタ8の実力が証明された時、その背景には何千時間も費やされた商品開発の時間があるのです。しかし、335.713km/hという記録の前にも、氷、雪、そして風に対しての、何百時間ものプロフェッショナルな仕事と献身が存在していたのです。

もっと読む