ノキアンタイヤによる氷上における最速記録

331/61Km/hという世界新記録

氷上における世界最速記録は、ノキアンテストドライバーのJanne Laitinen氏が打ち破りました。氏は、フィンランドOuluのボスニア湾において331.610km/hを記録しました。その記録は、凍えるような寒さの中、14kmに及ぶ氷のコースにて3月6日に破られた。記録を打ち破った車両には、世界を牽引する冬用タイヤのメーカーのノキアンハッカペリッタ7スパイクタイヤ(255/35R20 97T XL)を装着されておりました。

極限なまでの速度で試験することにより、最高品質のタイヤであるということを強調しております。タイヤは、運転時路面との唯一の接点となります。氷上の滑りやすい状況下で、高速域で運転をする際、自動車のハイパワーにタイヤで受け止めるべく、最大限のグリップ、構造上の耐久性とハンドリング特性を一致させる必要があります。

一定の加速が必要となります。自動車が331km/hで移動すると自動車は1秒につき92m進みます。高速域になると、タイヤは信じがたいプレッシャーを受け、直径が15mmから20mm伸びます。。空気抵抗が増すと、スピードを上げるためによりトラクションを必要とします。

"限界に挑むことにより、次の製品に活用できる、新しい発見があります。"
— ノキアンタイヤ テクニカルカスタマーサービス担当マネージャーのMatti Morri氏は述べます。

厳しい状況で高速域試験を行うことは冬用タイヤ開発において重要な役割を果たします。限界近くの試験により、我々の全製品に反映できるような多くの新発見があります。と、ノキアンタイヤ テクニカルカスタマーサービス担当マネージャーのMatti Morri氏は述べます。

ギネスワールドレコーズは、氷上世界記録を認定するうえで、明確な規定を設けています。1kmという距離の中で、両方向から計測され、記録は、これらの2つの計測結果の平均から算出されます。また挑戦できるのはたった一時間となります。氷は天然かつ、削られていないことや化学物質を使用していない状態でなければなりません。タイヤは、記録に挑戦された土地で、市販化可能かつ承認されなくてはなりません。