ノキアン社が保有する世界記録

特殊なスキルが必要となる極限状態での試験が活動の中心となります。常に新しいことに挑戦し、自身の限界を試すことが必要です。この様な挑戦により、より安全で長持ちするタイヤを作ることが出来る様になるのです。

2013年における最速記録

冬タイヤの開発業者として、氷上における世界最速新記録を達成しました。運転するのは試験評価ドライバーであるJanne Laitinen氏で、時速335.713kmを凍えるような寒さの冬の天候の中ボスニア湾にて記録しました。かつて誰も経験したことのなかったグリップと速度は、世界を牽引するウィンタータイヤの最新の商品が可能にしました。ハッカペリッタ8というスパイクタイヤです。

2011年 氷上における最速

氷上における世界最速記録は、ノキアンテストドライバーのJanne Laitinen氏が打ち破りました。氏は、フィンランドOuluのボスニア湾において331.610km/hを記録しました。その記録は、凍えるような寒さの中、14kmに及ぶ氷のコースにて3月6日に破られた。記録を打ち破った車両には、世界を牽引する冬用タイヤのメーカーのノキアンハッカペリッタ7スパイクタイヤ(255/35R20 97T XL)を装着されておりました。

トラクター用タイヤでの世界新記録

フィンランドのLaplandにおいて、氷雪に覆われた路面で驚くべき新記録が打ち立てられました。複数の世界ラリー選手権で頂点に立ったJuha Kankkunenは、冷静さを保ったまま、時速130.165kmで走りぬきました。。トラクター用の世界初の冬用タイヤであるハッカペリッタTRI(440/80R28 151D& 540/80R38 167D)が装着されたValtra社のT234により新記録を樹立しました。