FacebookInstagrammenu-iconicon-playscroll-downsearchTwitterYouTube

理想的なサイピング

回転方向指定で、左右対称のアグレッシブなパターンのR2は、さまざまな深さのサイプが施されています。中央部分のサイプは、特に水分の多い雪の上を走る際に優れたグリップ性能を発揮します。

回転方向指定パターンにすることにより、走行安定性が向上しています。 また偏摩耗しにくいデザインになっているため、タイヤが減ってきても変わらない安全性能を保持することが可能です。(スタッドレスタイヤは、駆動輪につけられたタイヤは中央部分が早く減る傾向があります)

トレッドコンパウンドに複数の層を設けることにより、スタッドレスタイヤ特有のふらつきを減少させています。また、ハンドリング性能が非常に高く、ステアリングを通してタイヤのグリップを感じることが出来るため、急にグリップが抜けることがなく非常にコントロールしやすいタイヤとなっています。